ばばちゃん 俺俺詐欺にかかりそうになる   

2009年 03月 13日

常々あんなもんにひっかかるなんてどんな人だろうね~と言っていたばばちゃん
2年程前のある日、仕事から帰るとばばちゃんがもじもじしながらやってきた。
「今日、大変だったのよ」   はぁ~?

「電話がかかってきて、息子(旦那の弟)がお金がいるって言ってね。幾らいるの?って言ったら50万とか70万とか、じゃぁ下ろしてくるから家に取りにおいでって言っても、近くの喫茶店で待ってるからって。。。」  はぁ~?
そこへ下の息子が「ばばちゃんが変な電話してるな~って思って、聞いててピンときたから、俺、俺詐欺だから止めなって、ばばちゃんのおでこを押さえて止めたんだよ~!なのにばばちゃんがうるさいわね~じゃまだからどいてって振り切って行っちゃうから、俺、庭まで行って止めたのに~」 で、で、どうしたの?!
「ばばちゃんが自転車に乗って銀行へ行っちゃたら、そこへ父さんが来てどうした?って言うから、ばばちゃんが俺俺詐欺にかかりに行ったって言ったら、父さんが車で追っかけて行った」 ひょへ~
旦那が出てきて「銀行まで行ったらちょうどお金を下ろして出てきたとこだったから、弟に電話で確かめろって言って止めたんだよ」 はぁ~~で止めたのね 
それにしても息子に俺俺詐欺だと止められても振り切って行くなんてよくやるわ
「ちっとは聞く耳持ちなさいよ。おかしいと思わなかったの?」
ばばちゃん「だって~俺俺って言わなかったんだもん」  。。。あきれた(゚▽゚)アポー  

次の日電話がかかってきて私がとると若い男の声で「昨日、来なかったね」と「おたくはどなた?」と聞くとガチャンと切れてしまいました。
指定の喫茶店へ行ってきょろきょろしてるばばちゃんの様子を影で見て確認してから帰り道で引ったくりする予定だったんだろうか?
いつまでたっても振込み詐欺がなくならないのはこんな年寄りが一杯いるからだよね
[PR]

by rei_ichigo | 2009-03-13 11:30 | ばばちゃん

<< 娘が1人暮らしを始めたが。。 イタリア旅行 3 味覚と視覚 >>