カテゴリ:旅行( 10 )   

イタリア旅行 3 味覚と視覚   

2009年 03月 11日

一週間お世話になったイタリア人のバス運転手さんはとても陽気で太った人でした。
その腹幅といったら1m以上あったんじゃないかな。だんだん仲良くなって最後にその腹に触らせてもらいました^^軟らかいのかと思っていたらめっちゃ硬い!
わお~ハード!と言うと、ソーソーハードなんて笑っています。みんなもポンポンと触ってました。
この運転手さん、一杯食べるそうで、あのまず~いポークソテーを3枚もペロペロっと食べたそうです。うは~イタリア人にとっては美味しいんだろうか?

家に帰ってきてから、そのことを息子に言うと息子いわく「日本人は脂肪がないと肉に旨みを感じないけど、外人はタンパク質に味を感じれるんだよ」 なるほど~そうなんだ

添乗員さんが言うには、日本人は海外のホテルの照明を暗く感じるけどそれは日本人の目が黒だからだそうで、つまり日本人の黒い目は最初からサングラスをかけてるのと同じなんだそうです
食文化の違いもあるけど身体の構造の違いもあったのね
[PR]

by rei_ichigo | 2009-03-11 10:48 | 旅行

イタリア旅行 2 食事とトイレ   

2009年 03月 08日

イタリアの食事は肉とパスタのオンパレード
カツレツは限りなく薄~く伸ばした豚肉のフライ。。。牛ステーキは硬くてパサパサ。。。
パスタも色が付いてるだけ。。。豚のステーキは臭い。。そして食事に野菜が無い
半分以上残して帰りましたが、観光がてらに立ち食いのお店で買って食べたケーキやサンドロールのパンは美味しかったです。旅行会社が選んだレストランがまずいのか?

お水は有料でレストランでは500ccくらい入ったビンが1ユーロ 150円くらい
ペットボトルのお水を買っても350ccで1ユーロ
アルプスの麓のホテルの水道水はまだ飲めるそうですが、南に下る程、石灰?が多く入っていて、朝に歯を磨いて水を口に含むとプア~って口の中で泡立つ感じがしました
一緒のツアーの子は日本のおーいお茶のボトルを沢山持ってきていました。なるほど~
地元のスーパーに行ける機会があったので野菜とオレンジと苺を買ってホテルで食べました。オレンジは皮は黄色で中はルビー色 1つ20円でジューシーで甘くて最高!苺はすっぱい。。スーパーではカート(台車?)が借りれませんでした。。何でだろ?

最後に行ったピザのお店はチーズが濃厚でめっちゃ美味しかったです
マルゲリータやきのこのピザなどが大きなサイズで600円くらいと安い
イタリア人はピザの上にペンネのトッピングで食べていました。。うは~それってあり?
カフェのコーヒーは150円くらいでショーケースにサンドイッチやケーキやクッキーが一杯並んでいます でもすぐに閉店(夜8時頃)になってしまいます。イタリアの夜は早い?他の店もみんな閉まってて暗いです

食事をする所以外のトイレは有料で一回0.5ユーロから高いところは1ユーロとられます
入り口に人がいてお金を払って入ります 地下鉄のトイレは重そうな金属の扉で3人分しかないけど全部個室で男女別れていないからそれで足りるのか?あるいはイタリア人は外でしないのか?
日本ではトイレにお金がかかるということがないので何か凄くもったいない気がしました
[PR]

by rei_ichigo | 2009-03-08 11:47 | 旅行

イタリア旅行 1   

2009年 03月 06日

昨年2月にイタリアへ行ってきました
もぅ1年もたっちゃってるので半分忘れちゃったぁ~

飛行機は乗り換え込みで15時間くらいで延々ソ連の雪の大地の上を飛んでいました。
アルプスの麓よりナポリまで大移動の旅で毎日4時間くらいはバスに乗っていました
朝は「ボンジョ~ルノ~」 夜は「ボナセ~ラ」 これだけは覚えた^^
イタリアは遺跡の町でいたるところに遺跡、遺跡、彫刻、彫刻、大聖堂、教会
教会が一杯あるのは日本のどこにでもお寺がある感覚ですか
フィレンツェ、ベネツィアのゴンドラ、ローマ、トレビの泉、バチカン、コロッセオ、ピサの斜塔、メディチ家の回廊、ポンペイなどなどに行ってきました。

ローマは街中が遺跡で普通に使われている建物も500~1000年くらい前に建ったものだそうで、どの建物もやたら大きなアーチ状の入り口や彫刻が付いていました
素晴らしい彫刻の数々、色鮮やかに描かれた大理石の床、ステンドグラス、天井の壁画などにこれでもかってくらい飾られた大聖堂。でも中は天井が高いせいか薄暗くて良く見えない。え?これを建てるのに何百年もかかったの?じゃあ最初に建て始めた人は一生作っててなおかつ完成を見なかったのね。気が長いっていうか遠大な計画ね
素晴らしい建物も彫刻もあんまり沢山見てるともぅお腹一杯で感覚が麻痺して感激も薄れてくる
かの有名な彫刻を見ても、ああそう~大聖堂を見ても、ふ~ん、素晴らしい天井画の伽藍もまさに本物を見てるのになんだかな~もぅきっとこんな遠くまで来ないよ?もっと楽しめば?な私。

ポンペイの遺跡はテレビで噴火の様子を再現したものを何度も見ていたのですが、思ってたより小さな町でした。石造りのちっちゃな家々が並び、丸石ごろごろ敷き詰めた道、石のベッド、浴場、逃げ遅れた人の型

8日間のツアーだったんですが、盛り込み過ぎで(日本の北海道から九州までの観光地だけを回ったみたいな)どこを見るにも時間制限つき、だからあんまり楽しめなかったのかな
ローマだけをゆっくり見る(日本だったら京都だけ)ってコースだったら良かったかも
[PR]

by rei_ichigo | 2009-03-06 22:37 | 旅行

ベトナム旅行 4 日本人の心に咲く花は   

2009年 02月 15日

忘れないうちにどんどん書いちゃおうってことで^^
メコン川観光に行った時の現地添乗員さんがベトナム人なんだけど日本の国士舘大学留学生をしてるそうでとても日本語が上手で色々日本とベトナムの違いなどを教えてくれました。

◎ベトナムの国民は国営放送しか見れないので国民は何も知らない
◎ホーチミンの一族が全てを握っていて戦争が終わってから1度も選挙がおこなわれていない(体制批判をすると捕まるそうですが、みんな日本語がわからないから大丈夫^^)
◎ベトナム人の70%は37歳以下で失業率は30%くらいある
◎子供は2人まで、それ以上生むと罰金
◎大学はあるが全て国営で試験を受けられるのは1度限り、落ちたら徴兵され軍隊に
  (女の人は2度まで受けられる。学費は無料。ちなみに女子高校生の制服は民族衣装のアオザイで旦那は「可愛い~」と写真撮り捲りでした)
バスに乗っていると道の脇には沢山の蓮の花が綺麗に咲いていました

添乗員さんが「ベトナムの国の花は「蓮」ですが日本の国の花は何だと思いますか?」と聞きました
バスに乗っている26人くらいの日本人がみんな「う~ん、何だろ?」「桜じゃない?」あっちからもこっちからも「桜かな~?」
すると、「違います。日本の国の花は菊です」   ああ~そういえば、、天皇の象徴は菊だっけ。。菊っていうと、お葬式しか思い浮かばない^^
添乗員さんは言います。何度もこの質問をしてきましたが、日本人はみんな「桜」と言います
「そうです。日本人の心に咲く花は菊じゃなく、桜なんですね。日本の桜は本当に綺麗で僕も大好きです」

この言葉を聞いて、なんか凄く嬉しくなりました。
「日本人の心に咲く花は桜」4月、満開の桜の花を思い浮かべます。
あんな綺麗な花が心に咲いている日本人って素敵じゃないですか、とても幸せな気分になりました。ありがとう、添乗員さん。
[PR]

by rei_ichigo | 2009-02-15 11:30 | 旅行

ベトナム旅行 3 道を渡るのは命がけ   

2009年 02月 14日

台湾に行った時もオートバイの多さに驚いたんですが、ベトナムはもっと凄い!
朝から晩までブンブン、ブンブン、オートバイの集団が走りまくってます
ベトナムではオートバイに乗るのに免許はいりません。  あっぶな~い
3人乗り、4人乗りも当たり前(確か台湾は近年3人乗りが禁止になったような)
犬もハンドルに手を架けて立って乗ってる^^
大きな道路を自動車とオートバイと自転車が一緒にぐちゃに走ってて、隙間があったらとにかく割り込んでくる。日本人の感覚ではありえな~い!
片側4車線の大きな道路でも信号は1つもないし(信号は一番メインの道路にあっただけ)交通量も凄くてブンブン、ブンブン、ピーピー、プープー

じゃぁどうやって道路を渡るのかというと、無理やり渡って行くのです。
最初はわからなくて、しばらく交通が途絶えるのを待っていたのですが、全然途切れなくてちっとも渡れません。周りはどうやって渡ってるんだろうと見るとみんな適当に渡っていきます。 ええ~?!

「こりゃ行くしかないぞ」と旦那。ほら、行くぞ!「ま、ま、待て待て~」今渡ったら絶対、死ぬ、死ぬ~。。思わず旦那の服を握って引き戻す。また、旦那「さぁ~行くぞ!」 
待て待て~死ぬ死ぬぅ~ 笑い事じゃなく本気で
そうはいってもいつまで待っても渡れないので、ええ~い何とかなる!と道路に出れば、みんな止まってはくれないけど避けていってくれました。そういうことか。。。
ここでは絶対走っては駄目、ゆっくり歩いていくとそれに合わせて避けてくれる

1度、オートバイの交通事故を見ました。歩道を歩いていると後ろでガッチャーンと音が
え?と振り返ると2台のオートバイの接触事故で運転者が2人倒れていました。
うわ~!どうなるんだろ?と見ていると、その2人が普通に立ち上がって、パンパンっと膝や服を叩き、スリッパ(ベトナム人はみんなスリッパ)を履きなおしてオートバイを立ち上げ、何も言わずにはい、さようなら。。と去って行きました。 そういうことか。。。
[PR]

by rei_ichigo | 2009-02-14 20:17 | 旅行

ベトナム旅行 2 通貨はドン   

2009年 02月 13日

行く前に旅行社でベトナムの通貨は?と聞くとドンですがドルで十分対応できますよと言われたので空港で5万円をドルに替えていきました。
ところが行ってみると買い物はほとんどドンの表示
ドルで買おうとすると切り上げ御免のお釣り無し、例えば4ドルちょいでも5ドル
タクシーなんかはドンの表示なので2ドルなのに5ドルっと平気で言われます
こりゃたまらんっとさっそく両替所に行くことにしました。

一ドル=1670ドン 50ドル替えて86万ドンくらいでした
これって、これって~円に換算すると?う?う~?わっかりにくい!
ベトナムの大きなデパートでジーパンが20万ドン これって幾ら?
旦那が「日本円で1万くらい?」と言う。 っなわっけないじゃ~ん!
ホーチミンは観光客相手の値段^^(ぼったくり)が付いていますが、それでも日本人にとっては全てが安く感じられます
後で行ったメコン川観光で添乗員が現地の時給は1時間50円くらいですと言ってました。日本の10分の1以下の物価ということですね
ホーチミンのオープンカフェでパフェを頼むと4万ドン
現地人はこんな所に入りません。彼らは路上カフェ^^ 道のいたる所に喫茶セット?を用意した売り子さんがいて、道にちっちゃい椅子を置いてジュースを飲んでいます 
衛生面が恐いのでとても試してみる気にはなりませんでしたが、幾らだったんだろ?
ベトナムは、中国人も沢山観光に来るので中華料理の豪華なお店があったりします。そこに入って2人で食事して32万ドン
ホーチミン最大のベンタイ市場での買い物を期待していたのですが(ここはドルで買い物)案外割高でした。
可愛い刺繍の入った袋が7つで5ドル 刺繍の入った合わせ手鏡が1,5ドル サンダルが10ドル
ベトナムの両替所はお金を出すとさっと受け取り交換してくれますが、いっさい明細書は無し 日本だったら幾らお預かりレートは幾らと明細書を付けてくれるでしょうが
最終日、ちょっとドンが足りなくなったので大きな銀行で両替をしました
20ドル出して少し待つと、はい、ど~ぞと出されたお金は86万ドン!
う~?あれ?4日でレートが変わった?不思議に思いながら、ま、多いからいいかぁ~と銀行を出てきましたが、旦那が「それって50ドルと間違ってるんじゃないの?」 そ、そうかも^^

すっげリッチーな気分(5000円持ってるだけなのに)になって、はい、はい、奢るよ~
ところがその後タクシーに乗って3万ドンなのに30万ドン払ってきちゃいました。
悪銭身に付かず(笑
[PR]

by rei_ichigo | 2009-02-13 10:24 | 旅行

伊賀上野   

2009年 02月 07日

昨日会社の日帰り旅行で伊賀上野の忍者屋敷ともくもくファームへ行ってきました
朝早くから出かけるのが大嫌いなので断りたいくらいでしたが、1万円の会席&伊賀牛の昼食に釣られて行ってきました^^いや~豪華、豪華、え?ワインも飲んでいいの?1本5000円?うっひゃ~ 会社の財布だけどもったいない。 お金でちょ~だい

忍者屋敷はたいしたことないですが、忍者ショーは見事でした
もくもくファームは豚がメイン?で手作りウインナーを作りました
豚肉に氷を入れて揉んで片栗粉、香辛料、チーズ、脂身を千切って入れて羊の腸に詰めて茹でて、できあがりです。
自分で作る工程を楽しみましょうみたいな企画なんですが、だいたいが主婦なので、旅行に来てまで料理したくな~い「できたのくれればいいのに」と
できたウインナーをお土産に持って帰って焼いて食べたら、めっちゃめちゃ美味しい~!
高い伊賀牛や会席料理もワインいらんでこればっかりが良かったな~^^
[PR]

by rei_ichigo | 2009-02-07 22:16 | 旅行

ベトナム旅行 1 飛行機の乗り換えは大変   

2009年 02月 01日

昨年11月に旦那と4泊5日でベトナムへ行ってきました
旦那が一緒に行きたい、行きたいって言うので(笑

ネットで調べてHISのフリーツアーに参加しました
中部国際空港から香港まで4時間、香港からベトナムまで3時間くらい
このツアーは途中香港で飛行機の乗り換えをしなくてはいけませんでした
添乗員はいないし、本当にできるのかしら?とHISに聞いても「大丈夫です、簡単ですから」
不安を残したまま香港で降りると、そこは凄く大きな空港で、大丈夫かな?
チケットのゲート数を探すも??ここだよね~?ゲート数はあってる、でも、誰もいない、なんかおかしい。。。
空港の制服を着た人にチケットを見せて「ここ、ここ」と示すと、何を言ってるかわからないが「こっち、こっち」と指を指します
「え?そっち?」と行くと手荷物検査の所で、そこを通って「上に行って下さい」とまた手招きされる。そして階段を登って行くと、パ~と開けたホールで人が一杯いました。ああ、当たってるっぽい。
今度もゲート数を目印に行くと、ありました、良かった~言葉が通じないので大変

行きは乗り継ぎが4時間あったので良かったのですが、帰りは1時間しかない
帰りもやっぱりうろうろ(笑 こっちかな?と行ってみれば、電車乗り場。。ちが~う。急がなきゃ。なんとかゲートへ、ああ、もぅ搭乗始まっちゃってるよ~
やっと乗り込んで座席につき、しばらくするとマイクアナウンスが「○○様、見えませんか~?」と、やっぱりまだ迷ってる人がいるんだ。
今度、海外に行くときは乗り換えのないので行くぞ!と思いました
[PR]

by rei_ichigo | 2009-02-01 16:13 | 旅行

すったもんだの沖縄レンタカー旅   

2006年 02月 19日

2月15、16、17、18日 娘と沖縄へ行って来ました。
行く前から喧嘩して行くの行かないのとすったもんだの旅行でしたが、なんとか無事行って来ました
まず最初にホテルの予約を失敗しまして、沖縄の中場辺くらいにあるホテルを1泊目に選んだつもりが空港から一番遠くのホテルだったという。

娘の運転で夜の高速道路
私は高速を運転したことがないので、娘が運転することになったんですが、
夜の高速道路は恐ぁ〜Σ(|||▽||| ) ゆっくり行こうね。ゆっくり…
真っ暗な中をドキドキ緊張しまくりで乗っていると、半分くらい来た所で

 娘 「眠くなってきた…」
 私 「エ━━(;;゜д゜)━━ッ 

やっと高速を降りると7時40分。。食事をしよう

 娘 「あ、お母さん、ガストがある、ガストは?」
 私 「(*´・Д・)エェェ〜 せっかく沖縄に来たのにガストぉ〜?」

 娘 「あ、ジャスコがあったぁ〜(^▽^笑) ジャスコはぁ〜?」
 私 「(*´・Д・)エェェ〜  沖縄料理が食べたいよ〜」

 娘 「あ、中華料理屋さんがあるぅ〜 どう?」
 私 「沖縄料理が食べた~い」
 娘 「お母さんたらわがままなんだから〜」
 
ホテルの側に沖縄料理屋さん発見!
ところが、娘はあまり食べない。あれっ?お腹空いてないの?

 娘 「(うーん あんまり空いてないかな?」
 私 「(*´・Д・)エェェ〜だってあんた朝から何も食べてないじゃん?」
 娘 「普段も朝昼食べないことが多いから…」
 私 「1日1食うぅ?」 

娘との旅行は食事がなぁ〜いΣ( ̄ロ ̄|||)ダァァ〜

2日目、海洋博公園へ
日本一といわれる大きな水槽にじんべい鮫やらまんたやらがいっぱい泳いでいる。じんべい鮫おおっきぃ〜いっ まんた大きっいぃ〜
すっごぉ〜いっ!綺麗だぁ〜!本当に海の底にいるみたいだよ〜
いっぱい写真を撮ってあっちこっち見て歩くも、お腹が空いてきた。

 私 「いっちゃ〜ん、お腹減ったよぉ〜」
 娘 「じゃぁ、海洋博の中にある巨大水槽横のレストランで食べよう」

ところが、娘は飲み物だけで食べない
 私 「食べないの?」
 娘 「うん、お腹減ってないもん」
 私 「(*´・Д・)エェェ〜」
    
海洋博公園を堪能して、今帰仁城跡、パイナップルパークを回り、
そこでお土産の試食やらパイナップルを食べて、いぶんビーチへ
いぶんビーチでグラスボードに乗って沢山の魚が海の中で泳いでるのを見た。
すっごぉ〜い!大きな魚がいっぱいいるね〜海が綺麗〜ふぐもいるよ〜

この日はわりと早くホテルに着いたので
 私 「時間あるけど、どうする?」
 娘 「昨日通ったジャスコに行きたいっ!」

沖縄へ来てまでジャスコかよ〜(o_ _)o  変な娘だ
娘との旅では明日の朝食も無さそうなのでパン屋さんでパンを買うことに

3日目〜 もぅあたり前になってしまった朝食抜き (o_ _)ノ彡☆
又、高速に乗り(今度は昼間だから前より恐くない?)沖縄ワールドへ
ところが、娘が「遅いな〜前の車。追いこすね〜」  心臓が痛い。。

沖縄ワールドには玉泉洞という中が1キロくらいある鍾乳洞があって、
もこもこした鍾乳石が沢山あってすっごく広くて迷路みたいになっていた。
娘は鍾乳洞は初めてということでわりと感激していたが、暗くて湿っていて
狭くて長〜い道のり、最後の方では「こわぁ〜い早く出ようよ」 
私しゃ高速のが恐かったよ

その後、迫力があって楽しいエイサー踊りを見て首里城へ
首里城はあんまりどぅってことなかったのでガッカリ。赤いお寺みたいなもん?

そして沖縄の繁華街 ホテルのある国際道りへ 
娘は免税店での買い物を楽しみにしていたので別れることになった。
私は最後の沖縄料理を堪能して国際通りでお土産を見てると
2時間程して、娘から連絡がきた。

 娘 「お金無くなっちゃったから、今から帰るわ〜(^▽^笑)」
 私 「幾ら使ったの?」
 娘 「うん、5万。このままここにいるともっと使っちゃうから、もぅ帰るね」
                          何を買ったことやら。。。

娘とホテルで待ち合わせて国際通りでお土産を買ってそろそろ夕暮
タコスのお店に入ってタコライスを2人で分けて食べることになった。

4日目  その辺をドライブしながらレンタカーを返し、那覇空港へ

ご飯以外は楽しい旅でござんした (o_ _)ノ

沖縄ワールドで娘
d0001400_1731789.jpg

海洋博公園の巨大水槽  大小さまざまな魚と5m以上あるじんべい鮫が3匹、沢山のまんたがゆうゆうと泳いでいました。
d0001400_1732810.jpg

[PR]

by rei_ichigo | 2006-02-19 16:26 | 旅行

妻籠に行ってきましたぁ〜(^▽^笑)   

2006年 02月 06日

妻籠は江戸時代の中山道の妻籠宿がそのままに町並みが残してある所です。
何件も宿屋が並んでいるんですが、駕篭が置いてあったり馬小屋や水車小屋があったりいろりと土間と土壁が当時のままに宿屋が残っています。

でも、なんたってきっちゃなぁ〜い。土壁の間からは外が見えるし(;´ω`;)サムィィィィ
天井は低くていろりのせいで煤けてるし、暖房完備どころか冷房完備だわ不衛生だわ、暗いわ、江戸時代の人はこんなとこに住んでいたのかぁ〜 Σ( ̄ロ ̄|||)
とても現代に生きてる私達には暮らせそうもないです 
良かったぁ〜現代に生まれて
d0001400_16531060.jpg


男滝と女滝を見に行きました。これが、すっごぉ〜っく綺麗(^▽^笑)
雪に埋もれた谷間にあるんですが、滝が半分氷っていて、その氷りが薄い水色をしてる幻想的できっれぃ〜!! でも(;´ω`;)サムィィィィ

それから近くの桃介橋に寄りました。桃介橋は大正2年に建築され平成に入ってから復元された橋で、なが〜くて壮大な吊り橋になっています。これがまたなんとも素敵^^
初めは通れないのかなぁ〜?って思ったけど、今でもちゃんと渡ることができてとっても楽しかったです(^▽^笑)
d0001400_16525512.jpg

[PR]

by rei_ichigo | 2006-02-06 16:55 | 旅行