カテゴリ:甲子園( 3 )   

斉藤佑樹君で癒されてます~(^▽^笑)     

2006年 09月 19日

甲子園の力投でファンになっちゃった
彼の良さは頭脳的な投球ができるってことだよね~

毎年甲子園を見てるけど、ピッチャーは強いな~って子でも
疲れて打たれだすと、あれよあれよって間に崩れちゃうことが多い

ところが彼はホームランを打たれても崩れない
内心バクバクだろうけど、表に出さずそこでグッっとふんばる
うわ~!凄い!気持ちの強い子なんだぁ~!と感動して嬉しくなった

背番号1を背負ったからにはエースの意地をみせれなければ
今回の2人は共に背番号1の意地を見せてくれて凄くいい試合となった

最後に優勝してやっぱり彼は泣いたね 可愛かった(^▽^笑)
田中君は負けてニッコリ笑った 男らしくて良かったな~
  
高校最後の夏 負けたら終わり 夏の炎天下の激闘

若い彼らが夏の甲子園で1つしかない優勝旗目指して競ってる姿は
見てる方が辛くなるような刹那さと悲壮感があって うまくは言えないけど
完璧じゃない彼らのひたむきさとあやうさに目が離せなくなる
[PR]

by rei_ichigo | 2006-09-19 17:37 | 甲子園

熱闘甲子園 彼の泣く顔が見たかった(^▽^笑)   

2006年 08月 22日

今年の甲子園は本当に熱投だった すっごく良かったよ〜(^▽^笑)
こんなに良かったと思ったのは松坂の横浜とPL延長戦以来

甲子園で勝ち上がるには、やっぱり守備が良く、投手が良く
打線のいいチームじゃないと 今年はどこがいいんだ〜?

まず優勝候補の横浜が桐蔭に負けて、桐蔭優勝か?と思ってると
早実が桐蔭の中田を三振に切ってとり、勝ち進んだ

凄〜い、早実強いんだ?どんなピッチャーなんだろ?
新聞を読むとこのピッチャー中田の時だけ全力投球だったそうな、凄いな

早実のエース齋藤君 優し気な顔をして凄いボールを投げる
スライダー、フォーク、そして140キロ台の速球

彼の絶対勝つんだとういう秘めた闘志がバンバン伝わってくる
クールな顔して すっごい熱い子なんだねっ この子いいよ〜
味方が点を取ると横で投げながら、にっこっと笑顔が見える
笑った後は よっしゃ〜この試合もらったと言いたげな顔だ

最後は駒大との球史に残る延長試合 3連投で15回を投げ抜いた

前日の新聞で彼のお母さんが「頑張れなんて言えない。でも、きっと
あの子は諦めないでしょう」って書いてあった

勝ってやっぱり彼は泣いてた。彼の泣き顔は綺麗だったよ〜
[PR]

by rei_ichigo | 2006-08-22 18:15 | 甲子園

自分が死んでしまった夢を見ちゃった ノ(´д`*)   

2006年 01月 18日

ふっと気づくと、家族の夢でした。子供も小さくてじぃちゃんもいて、
そこで笑っている自分の顔を見ました。あら、私が若いよ〜

夢の中では次々と景色が変わり、楽しそうに過ごしている姿が写し出されます。
ああ〜楽しい、もっとずーと見たいな〜   そこで、ふっと思った。
あれ?人って死ぬ時、走馬灯のように生きてきた人生が廻るんじゃなかったっけ?
  私、知らない間に死んじゃったぁ〜??!!
うわっ〜〜どうしよう? まだ死ぬ覚悟がなかったよ〜!
ええ〜っと?交通事故にあったんだっけ?? ん〜記憶にない ?(・´Δ`・)?
いやいや、突然死だってあるし、寝ちゃってるうちに死んじゃったのか?

死ってのは、寝ることと一緒だそうで、ただ寝てるのは目が覚めるけど、
死んだら目が覚めないだけのことだと。。。  
突然パッカと目が覚めた。
あぁ〜良かったぁ〜 目が覚めたよ ドキドキ夢だったんだ。
それにしても、もしかしたらあのまま帰ってこれなかったかも〜

死んでしまったのか?と思った時、もぅちょっと生きていたかったと思った。
生きて何をしたい訳ではなく何を仕残した訳でもなく、ただもぅちょっと、この人生を
生きていたかった。子供やみんなともぅちょっと触れ合っていたかった。
心に願ったものは、家族やみんなと一緒にいたいっていう気持だけだった。

ただそれだけなのに、思いを残すってこういうことなんだ、
まだ、死にたくないんだなっ私って思った。そう、もぅちょっと味わっていたい。
現世に対する未練ってこういうことなのかもね?
[PR]

by rei_ichigo | 2006-01-18 13:39 | 甲子園