三者懇談   

2005年 03月 29日

子供が中学、高校になってまいりますと、三者懇談がよくあるのですが、
だいたい進路のことなどで話し合いがされます。

こないだ、中3の息子の懇談会にて
 始めの挨拶が終わって、ものの2、3分もたった時、突然、担任の先生が
 すっごい勢いで怒り始めました。ほよ?どしたんだろ?
 つまりは、息子が先生がこう言ったから、こうしてきました。の発言に
 先生は、そんなこと言った覚えはない!!失礼だろ!!あやまれっ!
 っと口角泡を吹かんばかりの勢いで怒り出したわけです。

 私は、呆れつつも、息子をチラッと見るに、息子はちょっと下を向きかげんに
 不満そうですが、黙っています。     ふ〜ん…なるほど。

  私「先生、自分がそう言ったつもりでも相手にうまく伝わらないことも、聞き間違いも、よくあることじゃないですか?」
その後、さすがにバツが悪かったようで、
 先生…「いや、どうもすいません。」
  私…「いえいえ、どーもすいませんね〜」 ニッコリ〜
 
顔は、微笑んでいますが、私の心の中では、しっかり×マークが。
 どっちが言い間違えたのか、聞き間違えたのか、私には、わからないが、
 一方的に怒り出すってのは、おかしいんじゃないの?
 だいたい、そんなことで、いちいち目くじら立てるかな?
 普段からの生徒の意見を聞かない態度が忍ばれるってもんさ。
 怒るほど、自分の人格落としてるって、わからないかな? 
  先生に対する評価も信頼もゲシゲシめり込んでますな。
[PR]

by rei_ichigo | 2005-03-29 13:53 | 子供

<< 嫌いな上司 ブルマーおじさん捕まる! >>